column

「あなたがうまく行かないのは気が足りてないから。」

うまくいくためには

三つの条件があります。

それは

いつやるのかと

どこにいるのか

だれと一緒か

です。

ですからうまく行くためには

まずはタイミングです。

実はタイミングというのは一回切りではありません。

何度でもチャンスは来ます。

ただ、いつくるかというのはもう決まっているので

出来るだけ早く始めた方が、

チャンスがやってくる回数は多くなります。

思いついたらすぐやるのがいいと言われるのは

このチャンスの回数が増えるからなのです。

そしてどこにいるのか。

これはどこにいるのかで

周りの人やモノ、ルールなどあらゆる条件が

変わってしまうからです。

なので、どこに住んでいるのか

どこで働いているのかというのは

とても重要なのです。

引っ越したり、転職、転勤すると

運命が大きく変わるのはそのためです。

そしてだれと一緒にいるのか。

これが実は一番重要なのです。

人は誰かに評価されて自分の状態を把握します。

この時、良い評価を出してくれる人と一緒にするのが

うまく行くためには必要なのです。

ではなぜ、その人は良い評価を出してくれるのでしょうか。

それはその人が自信を持っているからです。

自信がある人を見ると、その人はすごい人だと無意識のうちに感じて判断します。

逆に自信のない人を見るとこの人はダメな人だと無意識のうちに感じて判断します。

自信があるというたったそれだけのことですが、

人は相手のことをそういうことでしか判断できないのです。

なぜなら人はその人のことを全く知らないし知ることができないからです。

なので、外見から一番判断しやすい情報として、自信ありげな態度かどうかで判断するのです。

この自信というのは、気の量で決まるのです。

気が少ないと、気が無くなってしまうかもという漠然とした不安に終始襲われるため

自信のある態度が取ることができなくなってしまうのです。

そして、その不安感は自信のなさとして相手に伝わり相手の態度になって自分に戻ってくるのです。

だからうまくいってないと感じてしまうのです。

うまくいってないのを自覚するのは周りの反応からであり、

もちろん、うまくいっているのも相手の反応から伝わってきます。

気を増やすということは、自信のある態度を取りもどすことであり、

自信のある態度ができることで、周りの評価が変わり、信頼を勝ち得て

物事がうまくいき始めるのです。

自分がうまくいっているかは

人生の螺旋階段を一周して戻ってきた時に

自分が一周前より上にいるのか、下にいるのかで

初めてわかります。

その一周回ってきた時に一周前にいた時よりも上にいるために

出来るだけ早く気を入れることが大切です。

もしもあなたが漠然とした不安を感じているのなら、

それは気が足りていないということです。




60回の閲覧

©Mori Labo

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • ブラックInstagramのアイコン