column

「あなたの気の量の残りはあとどれくらいですか?」

気の量というのは生まれた時が満タンで、

死ぬときにゼロになります。

80才まで生きるとすると40才で半分になります。

気は人と接することで減っていきます。

「気を使う」

「気を配る」

「気を落とす」

頑張ったり、ストレスを感じたりする事で

気は減っていくのです。

何をするのか

誰と過ごすのか

どういう関係なのか

というような事によって減る気の量は変わります。

何かを成功させたくてがむしゃらに頑張っている時。

お互いが理解出来ない親子が喧嘩をしている時

働かない彼と同棲している時

そんな時、気はたくさん減っていきます。

そして突然。気は足りなくなります。

正確に言うと、

残りの人生を進む為の最低限の燃料しかなくなったので、

自動運転でエコランを始めるのです。

アクセル全開でガンガン燃料を使っていたのが

急に必要最低限のガソリンのみで走ろうとして

急激にエンジンブレーキが効いている状態になったのです。

その状態になってしまうと新しい事をする余裕が

なくなってしまいます。

そのためその状態から脱出する事が困難になってしまうのです。

ガス欠と呼ばれる症状です。

ガス欠は気の残量が25%を切るとなってしまうのです。

このガス欠は普通なら60才くらいで起こるのですが、

それまでに気を使い過ぎるともっと早く

ガス欠になることになります。

まだ大丈夫だろうと思っていても、

思ったよりも早くなくなってしまうものなのです。

もう少しいけるかもと思っても、

実はあとほんの少しも残っていないということも

よく起こります。

ガス欠に年齢は関係ありません。

いつガス欠になっても不思議ではないのです。

気が切れる前なら対応できますが、

気が切れてしまったら、再び前のように動くのは

とても難しくなってしまいます。

今まで出来ていた事が出来なくなったり、

前と同じようにやっているつもりなのに

スピードが落ちていたりした時には、

ガス欠する前の予兆の可能性が高いのです。

残りの人生を走り切るためには

今の気の残量を知る事がとても大切なのです。

自分がずっと走り続けているとふと感じたら。

自分がいつも気を使っているなと感じたら。

自分がイメージしてる6割くらいしか

パワーを出せなくなってたら。

それは気が残り3割を切っているかもしれないという

気からのサインなのです。

あなたの気の量の残りはあとどれくらいですか?



0回の閲覧

©Mori Labo

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • ブラックInstagramのアイコン