column

「なぜ女性は気の話が大切なのか」

気がとても大事というお話しをしていますが、

なぜ気のお話しが女性にとって重要なお話しなのか。

もちろん、女性はスピリチュアルな話しに対して

順応性が高いということもありますが、

気の存在に気がつく、

大きな状況の変化や出来事があるのです。

その前に気について少しお話ししたいと思います。

気というのは女性の場合、

胴体の部分に燃料タンクがあり

その中に入っています。

正確にいうと胸から下の胴体の部分になります。

気は使われると下から気は流れ出ていきます。

もしも寿命が80才だとすると

生まれた時に満タンで胸の下あたりまで一杯入っていたものが

20才の時に残りが75%になり

40才の時おへその辺りに来て残り50%になります。

60才の時に残り25%になり

そして80才の時に0%になって終わります。。

そして、25%以下になるとエコランになります。

大事な話はここから

気の残りが30%を切ってくると

何かがおかしいと感じるようになってきます。

体調が悪くなってきたり

ホルモンのバランスがおかしくなってきたり。

これは実は気がどんどんと減って行くと

今まで気に浸かっていた

女性にとって大切な臓器が

気で浸せなくなっているからなのです。

気の残りが40%を切ってくると

だんだんと子宮を気で包みこんでおく事が

できなくなるという事なのです。

そして気の残りが25%になると

子宮は完全に気の外に出て、

乾いていきます。

その結果、子宮がまるで

空気に晒されたような状態に

なってしまうのです。

そのため子宮は本来の状態ではなくなり、

ホルモンのバランスを始め

体に色々な不具合が出てきてしまう、

という事になるのです

だからもしも気がとても減った状態になって

子宮が乾いてしまいそうになった時は

急いで、気で満たして潤いのある状態にする必要があるのです。

もしも今、自分の感覚的に気が少ないと感じたら

それは自分自身からのサインかもしれないのです。


21回の閲覧

©Mori Labo

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • ブラックInstagramのアイコン